傷つく言葉「30代~40代の男性は20代の女性と結婚出来ないなら独身でいい」

結婚しないままに来れば、結婚はイメージだけのものとなります。

30代40代で結婚していない男性は頭の中だけで考える時間が長くなり、そればかりが膨らむのです。

「恋愛をしていない」というのが一番の原因でしょう。

若い人の結婚に至ったキッカケは、33%が「勢い」なのだそうです。

若い時分には、体力的に「勢い」をエネルギーを出せるものです。

この「勢い」は若さもさることながら「好きだ」という気持ちが生み出します。

年齢を経れば、男性も頭でばかり考える時間を重ねます。

頭で考えたことが自分の観念になり、それが縛るようになるのです。

恋愛をするに至れば「20代の女性」であろうと「30代の女性」であろうと、「40代」であったとしても、実際のところは関係ありません。

結婚は男性にしてみれば「自分が今まで好きに使っていたお金の中から相手を食べさせる」という行為です。

多少の我慢を強いられるわけですから、どうせ我慢をするならば「若いほうがいい」となって当然です。

婚活パーティー

男性だって陥る負のスパイラル

男性が「30代~40代の男性は20代の女性と結婚出来ないなら独身でいい」と言ったとして、30代後半40代後半の男性が20代の女性と結婚できる可能性はどのくらいなのでしょう。

女性の!%ほどとはいかないまでも、かなり少ないパーセントであることは容易に予想ができます。

30代後半40代後半の男性が20代の女性と結婚したいならば、かなりの経済力が必要ではないでしょうか?

婚活パーティにあるハイステータス限定パーティなどの男性の参加条件は、年収600万円以上が多いようです。

600万円でハイステータスと呼ばれるのであれば、他の男性の年収がうかがい知れます。

いくら20代の女性と結婚したいと願っても、狭き門です。

今は30代~40代の男性は20代の女性と結婚出来ないなら独身でいいと考えていても、10年後はわかりません。

寂しさはいつ湧いてくるものか、予測がつきません。

その時に「30代でもいい」「40代でもいい」と言い出したとしても、苦戦を強いられるでしょう。

男性がいくら「30代~40代の男性は20代の女性と結婚出来ないなら独身でいい」と言っていたとしても、それを曲げなければ負のスパイラルに陥る予備軍となるだけの話。

男性がそう言っていると思えば落ち込みもしますが、実際に話しは男性とて女性と同じ状況なのはかわりがありません。

「お金を払えば若い子を指名して遊べる場所がある」ということが男性の強みですが、「そればかりを重視している男性ならこっちが願い下げ」という女性の意見を「ただのテイの良い励まし」と受け止めるのであれば、心はかなり病んでいます。