「20代は婚活の場に来てほしくない」

「20代の女性は結婚相談所に登録しないでほしい。アマチュアの試合にプロが参加するようなものだ」とその女性は訴えていました。

それに対して女性からは「その通り」という意見や「頑張って」という励ましが見られました。

しかし男性側は実に冷ややか。

「20代のほうが人気なのは当たり前。なんでそんな当たり前のことに気がつかなかった?」と半ば呆れたように回答してゆきます。

その中で大変興味深い意見がありましたので、要約を。

【男性側だって、女性という他人が生活に入ってくる「煩わしい」と「自分のお徳」を天秤に掛ける。

人間的に上と感じる相手でなければ、煩わしいという思いを払拭することは出来ない。

ましてや年配の女性となど付き合いたいとは考えないだろう。

30代の女性と20代の女性であれば、性的なモチベーションも違う。

「20代女性は結婚相談所に登録しないでほしい」というのは、自分の魅力のなさを棚に上げている。

人のせいにするなら自分こそ登録しないでほしい。

男にとって迷惑である。

「結婚だけに夢をみる」そんな30代の女性を相手にするほど、男も暇ではない。】

この回答に対して女性は「男性の本音を知ることが出来た」とネガティブに受け止めるのです。

この男性の回答には「この女性が今何をすべきか」のヒントがある、大変優しさある回答であるということは気がついていないのです。

オーネット口コミ 大阪婚活

魅力があれば年齢を越える

この男性の言葉を「男性の本音を知ることが出来た。ありがたい」という言葉で返すのであれば、この女性の婚活の成功は遠いものとなります。

この男性は「人間的に上と感じる相手でなければ」と言っています。

30代で若さがないならば、それに変わる魅力がなければならないよと言っているのです。

肉体的なことで勝負してしまえば、20代の女性には勝てない。

「だからこそ」ということを教えています。

人のせいにすべきものではなく、自分に「年齢」をものともしない何の魅力があるのかということを投げかけているのです。

同じ土俵は苦しいぞという助言です。

「だから30代の人ばかりのところに行け」と言っているのでもありません。

「自分が尊敬できる相手であれば、30代でもアリだ」と言っているに等しい。

「そういう女性のことを認められないほど男はバカじゃない」と明言しているとように思えます。

それを「男の本音を知った」とネガティブに受け止めていることが、この女性の愚かさです。

よほどこの婚活の4年間が辛く、心が捻れてしまったのかもしれません。