処女性がそこまで重要か

男性側が30代の女性を避ける理由を、男性が回答していました。

「アラサー女性と付き合うのは、これだから危険」と前置きがあり、「一旦付き合ったら1年以内に結婚を決めなければいけない雰囲気がある。」と言っていました。

「多少いいなと思うアラサー女性がいても、結婚をせっつかれるのが嫌で避けている」ということでしたが、「アラサーは自分で自分の首を締めているのがわかっていない」とも続けました。

少なくともこの人にとってアラサーは、恋愛対象ではないわけではないのでしょう。

ただし真剣に付き合えると思っているかは別ですが、「年齢の問題ではない」と思っているわけです。

質問者の女性が

また処女性について、これはその回答の中にあったのではありませんが、「女性に初女性を求めるのは幼稚」とう男性が案外多いような気がします。

「処女であれば自分だけの」「処女であれば男性自身の未熟さがバレない」と思っている男に対して、「何かを恐れている」と解釈している男性の意見は少なくありません。

「自分より優位に立たれたくない」「誰かと比べられたくない」

そんな気持ちと繋がっているかもしれませんね。

確かに「征服欲」と「幼稚性」の現れかもしれません。

最新版 【神戸でお見合いパーティーへ行った人】の口コミランキング

処女であることがそれほど大切か

望まぬ形で処女性を失った場合はなんと言っていのかわからなくなってしまいますが、質問者の女性は普通の恋愛の中でそのようなことになったのだと思われます。

それに対してのプライドはないのだろうかと不思議に思います。

自分が望んでそうなった形に対して、なぜ後悔するのでしょう。

ないものねだりをしてもしょうがありません。

「だからどうした?」でいいのではないでしょうか。

確かに「小さな恋のものがたり」のように、お互いがお互いしか知らない純愛に憧れますが、もうなくしているものは仕方ないのです。

「若くて処女がいい」という男性に選ばれた女性は、かわいそうにそれだけしか見られていないのでしょう。

長い結婚生活の中で自我が芽生え、女性としての生き方を考え始めたときに、その男性は受け入れることが出来るでしょうか。

それだけの容量がない男性であるからこそ(それを幼稚と表現しているのだと思います)、そういう相手選びをしているとも考えられます。

そういう男性であれば、年齢などでしか相手を測ることも出来ないでしょう。

質問者の女性がターゲットにすべき男性ではありません。